読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

井戸の底で実験室

天才になるという欲望を挫折したので、凡人として生きる方法を模索している。

(メモ)ミニ四駆を作っていて大変・苦手だと思ったこと

・説明書を読み間違える(部品と記号を一致させることができない) ・手順通りに作れない(気づけば工程をすっとばしている) ・シールがうまく貼れない(すぐ破れる) ・ワッシャーを挟み忘れる

『「複雑系」とは何か』 自分メモ

『「複雑系」とは何か』 吉永良正 ・「複雑系」とは、現象におけるシステム(規則性)に還元され得ない諸要素との関連性のこと。有名なバタフライ・エフェクト(蝶の羽ばたきが世界にわずかな影響を与えるかもしれない)の発想もここに当てはまる。 ・「複雑…

恨みごと以外が浮かばない

何かを書こうとしたとき、恨みごとしか出てこない。 恨む言葉以外しか生まれてこない人生は哀れだ、と、言う人がいるだろう。 いるだろう、としか言えない。 そこから始めれば良いよ、と、言ってくれる人が欲しかったのだとおもう。

呪い呪われ自縄自縛

中学生のときにひたすらCoccoの曲を聴いていたのである。大きなCDプレイヤーを持ち歩き、一人で歩く間はイヤホンを片時も外さなかった。私がハマる頃にはCoccoは既に活動を休止しており、アルバムは表裏のベストまで出ていた。私は『ブーゲンビリア』を流す…

父と小遣いとわたし

祖母が小遣いをくれるという申し出を、断ったことがある。 小学生くらいのときだっただろうか。確か私が何かが原因で不機嫌になり、札を渡そうとする祖母に、要らないと言った。ともかく私の機嫌を金で買おうとする祖母の態度が気に食わなかったのだと思う。…

欲望、海、干上がり[妄想の断片]

自分の気持ちを言葉にしたいという欲望があって、行きつけのバーに行く。 オレンジ色の照明がスポットライトのようにカウンター内をぼんやりと浮かび上がらせている。狭い店だ。六人も入れば満員になってしまう。顔見知りのバーテンダーが微笑む。僕は彼のこ…

(走り書き)自分に必要なこと

夜中に電話をかける相手が欲しい。 朝まで話をしてくれる相手が欲しい。 バカな話を笑わずに聞いてくれる相手を作りたい。 しかし自分は相手に同じくらいの誠実を与えられるだろうか。 相手に頼りきりにならずに、話ができるだろうか。 「私があなたを必要と…

テレビと読書と恨みごと[テーマ:新しく始めてみたいこと]

テレビの視聴は、無趣味な母の唯一の楽しみである。 我が家は小さな賃貸アパートだ。八畳の中心を背の低いテーブルで区切り、私と母はそれを境界線にして二手に分かれて寝床にしている。テレビは母の寝床の方にあり、母の労働と睡眠の時間以外は常に点いてい…

上野千鶴子から問いかけられているような気がした

中日新聞での上野千鶴子先生の発言が物議を醸していますね。 ・この国のかたち 3人の論者に聞く | 考える広場 | 朝夕刊 | 中日新聞プラス ・上野千鶴子「日本人は多文化共生に耐えられないから移民を入れるのは無理。平等に貧しくなろう」 - Togetterまとめ…

ブログの趣旨

【ブログの趣旨】 ・活動や変化の過程を記録すること。それによって自分自身の変化を実感すること。 ・格差社会を貧困の状態で生き抜くにあたり、必要な知識を蓄積していくこと。 ・世界の本質や構造を捉えて、理解力を向上させること。 ・つまり、せめて意…