読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

井戸の底で実験室

天才になるという欲望を挫折したので、凡人として生きる方法を模索している。

『「複雑系」とは何か』 自分メモ

『「複雑系」とは何か』 吉永良正

 

・「複雑系」とは、現象におけるシステム(規則性)に還元され得ない諸要素との関連性のこと。有名なバタフライ・エフェクト(蝶の羽ばたきが世界にわずかな影響を与えるかもしれない)の発想もここに当てはまる。

 

・「複雑系」においてプロセスは不可逆なものになる。通常ならば現象は明白な原理と法則のもとに遡ることができるが、複雑系においてはそれができない。絡まって結び目のできた釣り糸は根気よく向き合えば解くことができるが、複雑系的に理解するならば釣り糸はそれ自体結び目を持たないのである。

 

・単純な規則から複雑な振る舞いをしていくのが「複雑系」の特徴

 

・KeyWord 「 複雑適応系」「カオスの縁」「自己組織化臨界」「創発」「セル・オートマン」

 

・本書ではサンタフェ研究所で活躍した複雑系の学者たちの、分野を超えていく科学に突き進む好奇心が描かれている。様々な分野で功績をあげる「コンピューターの始祖」フォン・ノイマンライフゲームの生みの親ホートン・コンウェー、コンピューターからの二度の啓示を受けて研究に飛び込んだラングトン……。彼らの人生を辿ると、それ自体が複雑系の混沌から功績が生まれたようで面白い。

 

・ラングトンの機械を一つの生命と見なす「人工生命」の発想や、トマス・レイの人工生命プログラム「ティエラ」、人口的にミーミルを造り出そうという試みとも言える「人工脳」……それらの試みは興味深いが、まるで人間が「神」になろうとしているようにも、あるいは「神」を造り出そうとしているようにも思える。2001年はとうに過ぎてしまったが『2001年 宇宙の旅』で描かれたHALの反乱も、笑いごととは思えなくなってくる。

 

・「複雑系」の視点から自分を捉え直すと、シンプルでわかりやすい前提に立っていることに気づかされる。法則を以て世界を捉えるのは便利だけれど、ある基準から取捨選択が行なわれて作り上げられた法則では細かい要素を拾いあげることができない。

 この本を読んで、その細かい要素こそが、「希望」と呼べるものなのではないだろうか。人間が組み立てた秩序の物差しを持ちつつも、たまにはそれを使わずに混沌に身を任せることも必要なのかもしれない。

 

・余談だが、現代演劇の「いま、ここ--hic et nunc」を重視する現象学的アプローチも、この複雑系の中に含まれる潮流のような気がする。